カプチーノ・オリジナル作業メニュー&パーツ一覧

<ボディ補強>

走行中、ボディには路面からさまざまな部分に入力があり、じつはドアやウインドウなど大きな開口部は歪んでいます。
この歪みやすい開口部の強度を高めることで、ボディ剛性がアップ。
土台がしっかりするのでサスペンションが正確に動くようになり、ハンドリング性能アップ、さらに乗り心地の向上などたくさんのメリットを得ることができます。

1:キャビンまわり開口部スポット増し

Aピラーからドアステップ、リヤバルクヘッド上部(開口部分)など、キャビンまわりの開口部の縁に純正比200%のスポット溶接を施し、ボディ剛性を高めます。

詳細はコチラ>>>

 価格:10万円〜(税別)

 

2:ガラス用接着剤「ハマタイト ハイパー・シーラント」

ガラスの脱着時などに接着剤に横浜ゴム製「ハマタイト ハイパー・シーラント」を使用することで、ガラスがボディ補強パーツの一つに変身。ウインドウまわりの剛性をアップします。

詳細はコチラ>>>

価格:標準ガラス着脱工賃+5500円(税別)

 

<オリジナルパーツ>

セミオーダー車高調整式サスペンション

減衰力は15段調整式。全長調整式なのでプリロードを変えずに車高を調整できます。

詳細はコチラ>>>

価格:23万円(税別)

 

純正サスペンションアームをフルピロボール化

カプチーノのダブルウィッシュボーン・サスペンションのポテンシャルを最大限に引き出すために、純正アームのブッシュをピロボールに入れ替え。
3Dアライメント調整も含まれています。

詳細はコチラ>>>

価格:35万円(税別)

 

ダイレクトイグニッション&フルコンで燃焼系制御を現代化

純正は点火も燃料噴射も3気筒同時になっています。
そこで点火系をダイレクトイグニッションへの変更や各種オリジナルセンサーによって精密燃焼制御を実現。パラレル点火とインジェクターのリニア噴射を可能として、アクセル操作に対するエンジンレスポンスが大幅に向上します。

詳細はコチラ>>>

価格:60万円〜