ボディ補強

ボディが強くなると乗り心地や走りが改善します

ボディ補強というとロールバーなど日常性を損なうパーツの追加しなければ実現できないと思われることでしょう。それは大きな間違いです。
田中オートサービスでは、過去にレーシングカーのボディ製作に携わってきた経験を元に、見た目はノーマルのままボディ剛性を高める施工ができます。

サスペンションはボディに固定されています。その土台となるボディがシッカリしていないとサスペンションはキチンと動きません。
ボディ補強ををするとサスペンションが正確に動くようになり、ハンドリング性能が高まるだけでなく乗り心地も改善します。

田中オートサービス

施工は、ボディを構成するパネルの接合部分を増やしたり(スポット増し)、特種な接着剤(パネルボンド)を使用するので、見た目や機能性が変化することはありません。
ガラス交換など、他の作業と同時に行うことで費用を安く抑えることも可能です。

田中オートサービス

もちろん、サーキット走行をするためにロールゲージの搭載や補強パーツの追加など、本格的なボディ補強の施工も承ります。